れいわ新選組 れいわ新選組の比例区9人のうち人当選すれば

れいわ新選組 れいわ新選組の比例区9人のうち人当選すれば

れいわ新選組 れいわ新選組の比例区9人のうち人当選すれば。風を起こして300万の票を獲得したい。山本太郎さん99万票で落選、どうなれば当選たんか

、れいわ新選組の比例区9人のうち、人当選すれば、良かったのか 京都市:れいわ新選組名簿登載者の得票総数。れいわ新選組の得票数 参議院名簿届出政党等の名称, れいわ新選組 参議院名簿
届出政党等の得票数, , うち各参議院名簿登載者優先的に当選人と
なるべき候補者を除くの得票数, 各参議院名簿登載者の氏名 山本 太郎,
,れいわ新選組が2議席「生産性で人間をはからせない世の中の第一。特定枠」で2人が当選れいわ新選組は今回の参議院選挙で。選挙区に1人。比例
代表に9人の合わせて人を擁立していました。このうち。比例代表で2議席を
確保しました。れいわ新選組は比例代表で。政党があらかじめ

れいわ新選組。山本太郎氏が代表を務める「れいわ新選組」が比例代表で議席を獲得する見通し
となった。れいわ新選組は比例代表で人を擁立した。このうち政党が優先的に
当選させたい人をあらかじめ決めれいわ新選組の比例区9人のうち人当選すれば良かったのかの画像をすべて見る。れ。この国の将来を考えたときに。新規国債の発行などをしてしまうとさらなる
負の遺産がという話もありますけど。一体何の話してるんだってことです。#あなたを幸せにしたいんだ。年月の参議院選挙で#ハッシュタグ付きのメッセージが。上で爆発的
に拡散。これを打ち出したれいわ新選組は。大手メディアから黙殺されながらも
。比例特定枠で重度障害者名を国会に送り出し

れいわ新選組。字幕入り動画文字起こし政見放送?れいわ新選組 山本太郎代表れいわ新選
組代表の山本太郎です。私たちのれいわ新選組では比例代表で人立候補。第488回:山本太郎が霞む。永田町の星陵会館で。人工呼吸器を装着した。ふなごやすひこさんが自作の原稿
を自動音声にて読み上げた。部屋に規則的に響く呼吸器の音。プロジェクタに
映し出される文字。ふなごさんはという病気に罹患している

風を起こして300万の票を獲得したい。これが当初の戦略だったのでしょうね。しかし、もし、届かないとしてもそこに近い数字が取れれば、自分たちの勝利だと実感しているはずです。理由は、政党要件を満たせたからです。助成金ももらえますし、党首討論で公共放送にも堂々と出ることができますからね。そこで、問題は、次期選挙に向けて早急に組織を固めることでしょうね。今回は、個人個人のキャラでインパクトを得ていますが、問題はこれでは足りないということです。後半戦、バンドなどで盛り上げようとしていましたが、これも再考を促したいですね。有権者は、政治の情報を知らない人たちの方が圧倒的に多いのです。しかし、それをイベントにしては真面目に応援してくれる支持者が離れてしまいます。最後まで、政策を必死に訴えてこそ政党としての信頼に繋がるはずです。まあ、次回の衆議院選挙。本物の「れいわ旋風」が起きますよ。方法としては2つ①特定枠を使用しない②れいわがもっと票を集める比例代表制というのは政党が獲得した投票数に比例して議席を配分する制度です。つまり大切なのは山本太郎氏の票だけでなく「れいわ新選組」としてどれだけ票を集めたか、ということです。れいわ新選組は今回の比例代表で2,280,249票を集めました。そして与えられた議席は2山本太郎氏は「れいわ」の中ではトップの票を集めていましたが、れいわ新選組は特定枠制度を使っていました。特定枠を使えば、その人は選挙活動ができなく成る代わりに比例票が優先的に割り振られる制度です。れいわはこれを2枠使用していたので山本太郎氏は実質的に3番手になってしまっていたわけです。なので方法としては①特定枠を使用しない特定枠を使わなければ山本氏が一番手なので問答無用で当選できました②もっと票国民民主が3,481,053票を集めて3議席取っているので300万票、つまりはあと80万票ほど集めれば3議席取れていたので当選できたでしょう。>何人当選すれば、良かったのですか? 山本太郎氏としては政党要件を満たす2%が目標だったと思われます。比例で立候補した訳ですが、政党の得票数によって当選人数が決まります。れいわの獲得人数は2名。これは予想されていた人数です。参院選の比例は、比例登録リストにある立候補者の中から得票数で決まる事になっていましたが、今回から衆院選の名簿順位と同等の「特定枠」というものができました。自分以外の2名を特定枠登録したので、この2名に優先権があります。自分を比例特定枠で1位/2位に設定しておけば当選しました。「れいわ新選組の比例区9人のうち、何人当選すれば、良かったのですか?」と聞かれても。それは個々の考えによるでしょう。れいわ票は220万とか言ってたのでもう80万票有れば当選したのですが、今回は実に馬○げた事をしたと思います。マトモにやれば最低3議席、上手くやれば4~5議席の快挙も有りました。ア○な候補者の擁立も足を引っ張りました。グチばかり言ってる男、池田崇拝のカルト信者、山本太郎と逆を言って馬を引いて遊んでるオカマ。コイツらを人目に触れさせる事で逆に常識的な人は引いてしまいます。衆院選では時間をかけて人選して欲しい。むしろ衆院への鞍替え狙いで当選しないように特定枠を悪用しただけかと。「非拘束名簿式」は個人に対しても投票できる制度ですが、もともと比例代表制は、政党の割合を得票に一致させることを目指して作られた制度なので、個人の票が多くても、政党の票が少なければ落選してしまいます。しかし山本太郎さんは、個人としては最多の票を獲得したので2議席獲得した「れいわ新選組」の中では本来真っ先に当選するはずでした。そうならなかったのは、今回の参議院選挙で政党内での個人の得票に関係なく、優先的に当選させる「特定枠」というものが導入されたからです。どうなれば当選?もっと得票があれば。何人?支持者は異論あるかもしれないけど、0人かなあ。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です