先日〝株式会社いまだ″さんの無垢ウォールナット材のテーブ

先日〝株式会社いまだ″さんの無垢ウォールナット材のテーブ

先日〝株式会社いまだ″さんの無垢ウォールナット材のテーブ。無垢材を使って色々な家具を作っています。新築伴い無垢材のキッチンテーブル探て 先日〝株式会社いまだ″さんの無垢ウォールナット材のテーブル出会い あまり聞き慣れない会社でたので、少心配て 信用できる会社で製 品的永く付き合える製品なのか、ご存知の方おられら よろくお願い致ます

無垢材を使って色々な家具を作っています。こういう製品は個人で制作されている方が無数にいます。一般的な流れは専門校に1年間入学してそこで一定の知識を得られ後は特定の木工場などで数年間勉強したのちに個人で木工家として開業されます。どこどこの会社の製品がどうとか言う話ではなく自分の目で確かめられて気にいれば購入されると言うのが流れです。私は趣味の域ですから大きなものは作りませんが木工家の作ったキッチンテーブルだと数十万するのは当たり前です。知人の木工家が先日かんてんパパで展示会をされ4人掛け椅子とテーブルで100万オーバーの価格でした。柳生博さんの経営している八ヶ岳クラブに置いてある二人掛け椅子が1個200万の値段が付いています。家具は一生ものと言うのは当たり前の話です。少しでも安く買いたいと思うなら2月に長野の上松で職業訓練校の生徒が作った作品の展示販売があります。年に1度だけの1回きりです。決して家具屋の商品より劣ることのない素晴らしい作品ばかりです。材木代程度の販売価格ですから他府県からも大勢の方が家具を求めに来られます。私も一度欲しくもない商品に参加したら見事当選して権利を頂き購入しましたが家に帰ってもいらないのでそのままヤフ?オクで販売しました少しだけ小遣いと交通費が出ました。ただし抽選ですから当たらなければ買う事は出来ません。参考程度に市価30万程度のテーブルが5~6万辺りで販売されます。①無垢材は木の種類で価格は大きく変わりますがポイントは製材後どのくらいの期間枯らしたかということに尽きると思います。つまり切った直後は収縮とかねじれが起きますから時間をかけて落ち着かせた木材がいいです。枯らす放置期間が長いほど狂いは少ないです。②工場を見学させてもらって材料置き場とか仕事の様子を見ればいいかと思います。③デザインとか加工は好みで決めるしかないです。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です