凹凸と変曲点 eのx乗区間x<=アで減少区間x&g

凹凸と変曲点 eのx乗区間x<=アで減少区間x&g

凹凸と変曲点 eのx乗区間x<=アで減少区間x&g。。高校数3の質問 アイ適当な値記入するいう問題 関数f(x)=x eのx乗、区間x<=アで減少、区間x>=イで上凸する いう問題のe使用た解き方わかりません アイのぞれの答え 1 2 雑な質問、詳い解説 よろくお願います基本上に凸と下に凸。このことから。この区間では。 ′ ′は からしばらくの間は減って
いき。途中から増えて に近づいていく。と予想できます。下の図は。各点で
の接線の動きを見たものですが。たしかにそうなっています。大学入試問題。は=,=であり,であるから微分しなくとも=?のグラフ
より分かるで である. 一般に次の性質が成り立つ. 関数=の
下に凸の区間上に2点,をとる.このとき線分は両端を除き証明
2点,の座標をそれぞれ,とし,2点,を通る直線の方程式を=とする
.関数=は単調増加関数あるので,の増加減少はと一致する.

凹凸と変曲点。逆に,ある導関数 &#;の導関数 ”が, ”となる区間において,導関数 &#;
は減少します. このとき,右図のように上に=上の1点, を境
として曲線の凹凸が変化するとき,この点を変曲点といいます. 上に凸すなわち

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です