量子力学I 解析力学的Sxで微分する運動量なので時間で微

量子力学I 解析力学的Sxで微分する運動量なので時間で微

量子力学I 解析力学的Sxで微分する運動量なので時間で微。1は時間に依存するSchrodinger方程式ですから、エネルギーEの定常状態を表す解はψt=ψ0exp。量子力学の質問 次のpdfファイルご覧ください http://www aesj or jp/~ndd/ndnews/pdf76/No76 08 pdf

38ページの(e)関て (19)なる理由

解析力学的Sxで微分する運動量なので、時間で微分するE(エネルギー)なりそうな気するの(量子力学ハミルトン形式の上成り立って)、Ψ実数S=0(恒等的)だする(xで微分た)pだけでなく、(時間で微分た)E0なってまい、(18)合わなくなってま 違いどう考えれば良いのでょうか

初学者のでわかりやすくご説明いただけます幸い 量子力学II講義プリント。量子力学 では量子力学の基本的な考え方と枠組みを学んだ。量子力学がミクロ
な世界の物理法則 を記述するのなら。ミクロな物質の性質を理解し。どのような
状況で量子効果が顕著になり。ど のようにして量子効果を応用

量子力学I。講義を聴いただけ。出題された演習問題を解いただけでは。量子力学を十分に
理解するレベルに は到達できない。自分にのような微分演算子として が
導入され。運動量演算子 ? と同一の記号で表示している。この同 一視は大抵の
場合ハミルトンヤコビの方程式。前章でハミルトンヤコビの方程式を導出したが。この章ではその解について考察
する。等高線の間隔はに逆比例すること。近似波動関数の群速度が古典軌道
の速度と一致していること。角運動量の量子化などについて述べた。歴史的に
はそうやってハミルトンヤコビの方程式を見つけたのだろうが決して
わかりやすいものではない。定理- ハミルトンヤコビの方程式は未知関数
についての偏微分方程式,??,+??=を満たす。α,βを正準定数と
呼ぶことにする。

1は時間に依存するSchrodinger方程式ですから、エネルギーEの定常状態を表す解はψt=ψ0exp-iEt/hとなります。ここでψ0は時間に依存しないSchrodinger方程式の解です。したがって19の上の「波動関数が実数であるため」は誤りで、「S=-Etより」が正しいと思います。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です